意外と知られていない口腔内トラブル

病気 comments(0) - ミントペットクリニック
JUGEMテーマ:ペットのこと

お盆なので、連続の投稿です。

獣医師の石川です。

 

今回は歯肉炎と歯周病の見分け方について書きたいと思います。

まずは前回の復習から。

 

歯肉炎は歯周組織(歯肉、歯槽骨、歯根膜、セメント質)の内、歯肉だけの炎症。

 

歯周病は歯肉だけでなく、それ以外の歯周組織にまで病気が進行した状態でしたね。

 

歯肉炎と歯周病は歯石の量の差と勘違いされることが多いですが、それは間違いです

 

歯周病は歯の土台が壊れる病気なので、歯周病と判断できる症状としては歯肉の退縮と歯の動揺があります。

 

歯肉の退縮とは、『歯茎がやせる』、または『歯茎が下がる』と言われる症状です。


これは歯肉が溶けてしまい、正常よりも歯茎の量が少なくなることです。

 

周囲の歯肉と比べて、歯肉の量が少なかったり、歯の根っこ(歯根)が見えてしまったりするところがあれば、それは歯周病と言うことができます。

 

歯の動揺は歯肉の退縮だけでなく、歯槽骨、セメント質、歯根膜が溶けてしまうことで歯が支えられなくなったしまった状態です。

 

一方、歯周炎は歯肉の退縮とか歯の動揺などが無くて、単に歯肉の炎症があるだけです。


炎症が起こると4徴と言われる症状が現れます。

 

赤くなる(発赤)、熱を持つ(熱感)、腫れる(腫脹)、痛み(疼痛)の内の全部またはいくつかを伴います。

 

見た目だけでは歯肉炎だけなのか、歯周病を伴っているのかを判断できないこともあるので、顎のレントゲンや歯周ポケットの深さを測る検査が必要になります。

 

わんちゃんのお口を見てみて、『歯茎が赤くなっているかも…』、『歯茎がやせていない??』ということがあれば、いつでもご来院ください。

 

次回は歯肉炎、歯周病の仕組みと治療、予防法についてまとめたいと思います。

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM